女性におすすめ転職マニュアル特集

*

女性の転職を助けるための5つのSTEP

 女性には、女性に特有の転職のやり方などあるのでしょうか。昔ほどではないけれども、若干はあるのかもしれません。いずれにしても転職には事前に考えておかなければならないことが盛りだくさん。よりいい環境で働くために、各ステップを丁寧に乗り越えていきましょう。

転職の方向性を定めるための整理

 計画を練ったりキャリアを整理したりなどは、女性でも当然必要な準備作業。現在の状況にもよりますが、キャリアデザインを考える時には結婚や出産なども考慮し、何歳まで働くのかといったことまで整理しておくと、転職の方向性がしっかりと定まると思います。

<関連記事>
転職活動は自己分析からスタートしよう
自分の市場価値を事前に知ることが出来る!
転職活動には順序が必要

女性でも応募可能な求人情報を見つける方法

 女性と男性を区別して求人を出すことは通常できないため、なかなか見極めづらい企業の希望や思惑。「女性でも応募できるのかな?」といった不安を持ちたくないならば、転職エージェントに求人情報を紹介してもらうのが確実で、そうした不安も持たずに済むのかもしれません。

<関連記事>
色々な求人媒体があることを知ろう
転職エージェントの活用転職に大きく関係する
転職サイトは登録するだけだと勿体ない!
女性転職希望者必見!正規雇用と非正規雇用の違いをチェックしておこう

応募書類では客観的な立場で示したい貢献度

 自分では納得していても、相手を納得させられなければ、無意味なものとなってしまう履歴書と職務経歴書。チェックする際には客観的な立場に立って書類を眺めてみてください。企業に貢献できることはもちろんですが、どの程度の貢献度があるのかがわかるように書くことも必要です。

<関連記事>
職務経歴書は読みやすさが一番大切
印象に残る応募書類を作ろう
履歴書は一次選考と覚悟しよう

ポイントアップのための面接術

 雰囲気の良さ、これは男性よりも女性の方が重視されてしまうかもしれません。また、企業は、「どの程度働いてくれるのだろう」という、期間について気にします。しっかりと責任を持って働き続ける意志を示すことで、こうした企業の懸念を払拭でき、ポイントをアップさせることができるでしょう。

<関連記事>
面接はマナーが重要視される
質問に対する対策
逆質問を有効活用しよう

退職前に備えておきたい心構え

 決して低いハードルだと思っていてはいけない退職。エネルギーも使いますし、理不尽だと感じるようなこともあるかもしれません。その心構えをあらかじめ持っておくことが重要でもあるため、退職を決意したら、何事にも動じないメンタルを備えておきましょう。

<関連記事>
入社前に必要な手続き
入社までにしておく準備
入社初日に備えておこう
会社からの引き止めへの対応で、正しいことと間違っていること

公開日:
最終更新日:2015/12/15