女性におすすめ転職マニュアル特集

*

会社からの引き止めへの対応で、正しいことと間違っていること 

   

信頼できる相談相手を作る

 孤独になると人は窮地に追い込まれます。社会はコミュニティであり、会社で働く時も孤独では何もできません。もし会社から引き止められたら、できるだけ早めに相談できる相手を近くに作るようにしてください。

 その相手を会社側や上司に取られてしまうと、いよいよ孤独に拍車がかかります。そうなれば劣勢になるのは目に見えていますから、信頼できる人に早めに相談し、こちら側についてもらっておかなければなりません。

 できれば社内で見つけた方がいいでしょう。引き止めの一環として食事に誘われた時などでも、その相談相手を一緒に連れていけば、一方的に丸め込まれたり強引に引き止められたりするのを避けることもできるはずです。

“女性の武器”はあまり使わないこと

 女性の武器は、使いどころと使い方さえ間違えなければ、大きな武器として自分の身を守ってくれるでしょう。しかし、それらを間違ってしまえば、自分を追いつめるキッカケにもなりかねません。言ってみれば諸刃の剣。

 上司に引き止められた時、例えば泣いたりヒステリックに対応したりするなど、感情を露にするのは避けるのが無難。それが通用し、無事に辞めさせてもらえればいいのですが、通用しない相手だった場合には話がややこしくなるだけ。少なくとも気持ちよく辞めることはできなくなるでしょう。

 社内にも変な噂が流れたり白い目で見られることにも繋がりかねませんから、女性にありがちな感情大爆発の対応だけはしないようにしてください。

転職先を適度に巻き込む

 自分一人でなんとか対応できたらいいのですが、会社から引き止められると、そうも言っていられないことがしばしばあります。転職先を少しくらいなら巻き込んでも大丈夫です。転職先に迷惑がかからなければ、それを利用して退職への承諾をもらうという方法もなくはないでしょう。

 既に内定をもらっており契約も済ませている、などと言えば、あるいは、入社日が決まっているから退職する日をズラすことはできないなどと言えば、「それならしょうがない」と諦めてもらえるかもしれません。

 具体的な転職先を言ったり、転職先と辞めるつもりの会社を比較して悪く言ったりなどはNGですが、上記程度の巻き込み方なら、むしろ退職するための有効な理由となるはずです。

 - 入社初日までにしておくこと

  関連記事

入社初日に備えておこう

入社初日の印象が大切    女性が転職で初出社した際、どんな印象を与えるかは、そ …

入社前に必要な手続き

健康保険と年金の手続き    転職が決まった女性の中には、再就職するまで少し休み …

入社までにしておくこと準備

入社前に勤務条件を確認する    内定の連絡を受けたときに、勤務条件が明確になっ …